生活保護は家族や親族による生活保護申請代行が可能

ハートを持つ子供の手

本人が何らかの理由で申請出来ない場合は、家族、親族等が生活保護申請代行しましょう。生活保護申請代行を行う場合は原則として、配偶者、子、孫、兄弟姉妹など、もしくは同居している親族などが福祉事務所に申請します。
弁護士に依頼する場合は本人に同行して申請する事がほとんどであり、弁護士による生活保護申請代行は法的には認められない事になっています。

生活保護の手続きの流れは
1福祉事務所に相談
2保護の申請
3保護費の支給となります。

必要な書類
申請にあたっては特に必要な書類はありません。申請時に申請書と申告書に記入します。申請をした後の調査の為、通帳の写しや給与明細が必要になってくる事があります。
代理人申請の場合は委任状等を本人と代理人とで記入する書類があります。相談時に受け取るか福祉事務所等のホームページからダウンロードして用意しましょう。
申請の回答
申請をした日から原則14日以内に回答が得られます。それまでの資金が足りない場合には社会福祉協議会より臨時特例つなぎ資金貸付が受け取れる場合もあります。
以上が申請方法になります。しっかりと申請する意思を伝えましょう。困った時には生活保護を受ければ良いのです。人には健康で文化的な生活をする権利があります。

生活保護申請代行をご存知ですか?

病気や怪我で働けなくなってしまった、同居の要介護人がいて働くのもままならない、乳幼児のいるシングルマザーなので働くのは難しい・・・そうした生活困窮者のためにあるのが生活保護の制度です。生活保護の手続きの流れは、まずご自身が住んでいる町の福祉事務所で事前相談をしてから申請となります。このとき申請できるのは基本的には本人とされていますが、場合によっては本人以外に以下の場合があります。
1.扶養義務者(配偶者または直系血族及び兄弟姉妹、必ずしも同居の必要なし)
2.その他の同居の親族(6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族)
もしも上記のように配偶者や親族などの身内がおらず、自分も病気等の理由で申請に行けないというような場合には、生活保護申請代行業者に依頼するのも有効的な方法でしょう。少子化の加速する現代、今後は高齢者の単身世帯が増える見込みであり、不況による失業や、収入が激減するケースも珍しくなく、生活保護申請代行の依頼は増加する傾向にあります。もしご自身が生活保護受給の条件にあてはまっているかもしれない、でも頼る人がいなくて心細いと思われるのでしたら、生活保護申請代行をご検討されてみてはいかがでしょうか。

生活が立ちいかなくなる前に生活保護申請代行を活用しよう

様々な要因から生活するのが困難になってしまう方が増えています。生活していく上で欠かせないのがお金です。お金は最低限の生活を維持するためにある程度必要です。しかしどんなにまじめに頑張って働いていても急な社会情勢の変化や疫病の流行などで解雇されたり、または急な離婚で専業主婦だった方が就職が決まらないなど人生において最低限生活を維持するお金が急に絶える事があるかもしれません。特に未成年のお子様がいらっしゃる家庭は教育費に対する不安は大きなものです。お金が無いので進学をあきらめる前に生活保護を利用しましょう。生活保護は生活を立て直してもらう事を目的に支給されます。金銭的な補助のほかに医療費の軽減も有ります。教育に対して掛かるお金も支給されますので困った方は相談してみましょう。生活保護は、家族構成や財産の所有状況、お住まいの地域によって金額が変わります。まずは生活保護の申請を代行してくれる生活保護申請代行業者に相談してみましょう。生活保護申請代行業者は信頼で出来る業者を選びましょう。実績や無料相談が有るかどうかを確認しましょう。生活保護申請代行を利用しても実際に支給されるまで時間が必要です。余裕をもって相談しましょう。

Pick Up

手をつなぐ人々

生活保護申請を受けるなら生活保護申請代行サービス

頼れる人が居らず経済的に生活が困窮しているのなら、生活保護申請代行サービスを利用して、生活保護申請をするのがおすすめです。 お金に困って路頭に迷う前に、国の制度に頼ってみてはいかがでしょうか。 そもそも、「生活保護申請」という響きから一般的に高齢者向けの制度だと勘違…

ベンチに座る男性

生活保護申請をするなら生活保護申請代行を利用しよう

「生活保護」という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどのような制度かまでは把握していない方も多いのではないでしょうか。 生活保護というのは要するにどうしようもない理由によって働けなくなった方を、経済的にサポートするという制度です。 たとえば大きな怪我や病気をして仕…

笑顔の親子

引きこもりでも生活保護申請代行を頼んで生活保護を受けよう

現在日本には様々な理由により社会と接点を持たずに生きるニート・引きこもりと呼ばれる方たちがおおよそ七十万人以上いるとされています。彼ら彼女らは当然無職です。引きこもり生活が長期化するにつれ彼ら彼女らを養ってくれていた両親は老いていき、その姿を見て引きこもりたちは親が死んだらどうやって生きていけ…

通帳を見る

生活保護申請代行ならケースワーカーとの折衝や転居交渉も可能

生活保護申請代行のサービスは、手続き方法が分からない、身体的もしくは精神的な問題から手続きをスムーズに行えないという方を安定して生活できるようにサポートするだけのものではありません。生活保護申請代行を行った後にもさまざまな手続きが必要となり、ケースワーカーとうまく折り合いがつかない、手続きを却…